竹炭・竹酢液の竹炭紺屋〜消臭・脱臭の竹炭の作り方・使い方 最高品質の竹炭・竹酢液の販売

竹炭・竹酢液の作り方、使い方を紹介。消臭・脱臭効果の最高品質の竹炭・竹酢液を販売しています。

消臭・脱臭の竹炭の作り方・使い方 最高品質の竹炭・竹酢液の販売



竹炭と竹酢液について
竹炭とは

竹炭とは、竹や笹などを炭化させた炭の総称です。 竹には殺菌、消臭作用があり、昔からたけのこの皮や笹は食べ物を包むときに重宝されてきました。

竹酢液とは

竹炭を作るときに出る煙を冷却すると、竹酢液が取れます。

竹炭紺屋とは

「紺屋」とは、染物屋を意味する言葉で、9代続く我家の屋号でもあります。 地域の里山から荒れた竹を伐採・再生・美化し、 良質の竹炭・竹酢液を製造しています。

竹炭・竹酢液の竹炭紺屋

竹炭・竹酢液の竹炭紺屋

〒422-8007
静岡県静岡市駿河区聖一色433
054-262-5028 (Tel & Fax)
販売責任者 漆畑裕介
admin@takezumi-koya.com
http://takezumi-koya.com/


原料による判断

炭化する前に
「一度竹に煙をあてて薫煙処理を行い竹の水分を減らし、虫やカビが発生しにくくしたものを使用」
しているかどうか。
本当はこうすれば良いものが出来ると解っていても、
大変な労力を要するため多くの炭焼き業者がこの作業をできていないのが現状です。
しかし、これは良い竹酢液を作るためには絶対必要な作業です。

生竹を自然乾燥させたものでは、適期伐採でも乾燥期間中に例外なくカビや虫害が発生し、
竹酢液に悪影響を与えてしまいます。
また乾燥を行わずに炭化させたものは、水分ばかりが多い竹酢液になってしまいます。

採取温度による判断

従来の炭焼き業者は竹酢液の採取を煙の色で判断していました。
《煙の色がきわだ色になった頃から青みを帯びた頃まで採取、(70度〜180度近辺)》

しかし、近年では窯から煙突を伝って出てくる成分は沸点の違いにより大きく違うことが解ってきました。
一般的に80度以下の温度から採取する竹酢液は水分ばかりで成分に乏しく、
150度を超えた温度ではタール分等有害物質が混入する可能性が高いと言われています。

私達の竹酢液は採取できる量は少なくなりますが、
85度〜120度のみの温度帯のみで採取しています。            

静置期間による判断

採取した竹酢液はタール分等不純物を含んでいます。
そこで冷暗所で密閉容器に入れタール分等不純物を沈殿させます。
一般的に静置期間は3ヶ月と言われており、
何年間も静置したものは有効成分が揮発して酢酸分ばかりが残ったお酢になってしまうそうです。

私達の竹酢液は6ヶ月静置精製を行い、3層に分離した中間層のみを商品化しています。


竹炭紺屋のおすすめ商品
浄水用竹炭15cm
浄水用竹炭15cm

900円(税込)

ワンランク上の竹炭です。長さ12cm 幅4〜5cm 5枚入り 炊飯やヤカンに丁度よい長さです。

購入・詳細はこちら
特選竹酢液500ml
特選竹酢液500ml

1,400円(税込)

85℃〜120℃のみの成分の詰まった、安心・安全な竹酢液です。自信を持ってお勧めできる商品です。

購入・詳細はこちら
 竹艶水(蒸留精製竹酢液)500ml
竹艶水(蒸留精製竹酢液)500ml

1,800円(税込)

特選竹酢液を更に蒸留精製しました。 タール分もカットした、ノンタールの竹酢液。

購入・詳細はこちら
【床下調湿用竹炭】1坪〜6坪
【床下調湿用竹炭】1坪〜6坪

1,400円(税込)

1坪〜6坪 不織布入り50cm×50cm
メンテナンスフリーで効果も半永久的に持続

購入・詳細はこちら
浄水用竹炭48cm
【お得!!】 竹炭お試しセットB

3,550円(税込)

竹炭を初めてお試しになる方に最適なセット商品。全国送料無料でお届けします。

購入・詳細はこちら

このページの一番上へ

「竹炭紺屋」のトップページへ



最終更新日: 2009年02月04日